大手住宅企業の2018年度受注計画、増加見込むも消費増税の影響「小さい」 | 住宅産業新聞

大手住宅企業の2018年度受注計画、増加見込むも消費増税の影響「小さい」

2018年05月24日01面_住宅産業

 大手戸建住宅企業の2018年度受注計画がまとまった。18年度は、開示する7社(ミサワホームは戸数)のすべてで数%程度の増加を見込んでいる。最も高い伸びを計画したのは、旭化成ホームズの8・0%増。戸建て新商品の投入や付加価値を高めた賃貸の提案などで、17年度下期の好調さを継続したいとした。19年10月に予定されている10%への消費増税の影響は「前回ほどの駆け込みはない」と冷静だ。分譲用地の仕入れや営業マンの拡充などで備える。

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

SNSで住まいのニュースを配信中

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)