竹中工務店、「燃エンウッド」で10階建て中高層木造の集合住宅=床と耐震壁にCLT

 竹中工務店は3月26日、自社開発で2017年に耐火構造部材の国土交通大臣認定を取得した耐火集成材「燃エンウッド(2時間耐火)」と、同社および三菱地所・三菱地所設計・山佐木材が共同で17年に同認定を取得した「CLT床(2時間耐火)」、およびCLT耐震壁などを適用した、地上10階建ての中高層木造建築集合住宅『泉区高森2丁目プロジェクト』(仮称、仙台市)の施工に着手したと発表した。竹中工務店によると「燃エンウッド」(2時間耐火)・「CLT床」(2時間耐火)・CLT耐震壁の採用は、鉄骨造と組み合わせた10階を超える中高層木造建築物において日本初となる。

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)