YKKAP、「空き家」の長期優良化に『フレームⅡ』、オスカーJ・J『きときとプロジェクト 本郷町の家』に

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 富山県を中心に北陸で事業を展開しているOSCAR(オスカー)J・J(富山市二口町、水嶋智仁社長)は8日、同社が今後本格化させる既存戸建住宅の買取再販事業のシンボルとするプロジェクト物件『きときとプロジェクト 本郷町の家』に、窓の断熱性と躯体の耐震性を同時に高められるYKKAP(東京都千代田区、堀秀充社長)のリフォーム商材『FRAME(フレーム)2.』を採用したと発表した。『本郷町の家』は築38年の空き家を富山市初となる増築・改築分野(以下、既存版)の認定長期優良住宅としたもので、YKKAPは同物件に『フレーム2.』を3基供給した。YKKAPは既存住宅流通の新たな市場開拓として〝性能向上リノベーション〟を掲げ昨年から『フレーム2.』を使った地域事業者との連携プロジェクトを開始しており、『本郷の家』はその第2弾。同社は2018年度に同様のプロジェクトとしてさらに5物件程度の取組みを予定している。

2018年03月15日12面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)