桧家HDのビルトイン型宅配ポスト、想定下回り新たな間取りプラン検討も

2018年02月15日03面_住宅産業

 桧家ホールディングス(桧家HD、東京都千代田区、近藤昭社長)とナスタ(東京都港区、笹川順平社長)が共同開発したオリジナルのビルトイン型宅配ポスト「留守番ポスト」は、2017年3月の販売開始から12月までの新築注文住宅を中心とした導入実績が100棟だったことがわかった。同社では、価格設定の問題をはじめ、設計的に設置の制約がある規格型の間取りプランや狭小住宅においては門柱型を設置していることから、「ビルトイン型の導入について、想定よりも導入実績に伸びが見られなかった。当社にとっては売りの商品の一つなので、今後はビルトイン型の設置を前提とした間取りプランの展開も考えていく」(近藤社長)としており、年間500棟での設置を目指す。

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

SNSで住まいのニュースを配信中

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)