住団連17年度第3四半期景況感、受注戸数・金額ともにプラス

2018年02月08日02面_住宅産業

 2017年度第3四半期(17年10月~12月)の住宅景況判断指数は、総受注戸数・金額ともに、前年同期実績に対しプラスに転じた。一般社団法人住宅生産団体連合会(住団連)がまとめた『経営者の住宅景況感調査(18年1月度)』によると、第3四半期は受注戸数がプラス4ポイント、受注金額がプラス8ポイント。戸数は7四半期ぶり、金額では4四半期ぶりの回復となる。「受注の低下傾向が、一旦底を打った感がある」(住団連)としながらも、各社のコメントはプラスとマイナスが交錯しており〝薄明かり〟といったところ。第4四半期は戸数がプラス19ポイント、金額がプラス23ポイントを見込む。


2018年02月08日付2面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)