ポラス暮しの科学研究所の分譲地の取り組み、居住者のライフスタイル重視

2018年02月01日03面_住宅産業

 ポラスグループのポラス暮し科学研究所(埼玉県越谷市、小見豊社長)は、グループ内における住宅の耐震性能や室内環境およびデザイン性の向上を図る研究開発を行うシンクタンク的な存在だ。住宅の内装・外装はもちろん、居住者が愛着を感じるような分譲地のブランドイメージをグループ内に提案している。グループとして特に住宅デザインに注力しはじめて20年以上。その間、欧米各地で住宅や街なみの視察をはじめ綿密な市場調査などによって居住者のライフスタイルを重視した分譲地のコンセプトを確立したが、今後も多様化する居住者のニーズにどう対応していくか課題も多いという。

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

SNSで住まいのニュースを配信中

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)