大手住宅企業とゼネコンの資本・業務提携活発化、新技術開発や海外事業でシナジーの成果も

18111400

 近年、大手ハウスメーカーと準大手・中堅ゼネコンとの資本・業務提携が活発化している。

 ハウスメーカーは、非住宅や海外といった新たな成長分野と位置づける事業を加速させるため、中堅ゼネコンは、2020年の東京五輪・パラリンピック後の建設需要減少に備えることが主な背景として考えられる。

 ただ、提携の具体的な成果という点でまだ日が浅いこともあり、外からはみえにくい。大手ハウスメーカーが期待した効果が得られているのか、今後、期待した効果を得るために何に取り組んでいるのかを取材した。


2018年01月18日付1面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

関連するキーワード

 関連するキーワードはありません。

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)