ZEH宿泊体験ルポ=築40年超木軸戸建てとZEH賃貸比較、同日に東京・葛飾区内にある2つの住まいで過ごす

17121312

 環境省が2017年12月から18年2月末まで行っている「COOL CHOICE ZEH宿泊体験事業」。政府が2020年に新築住宅供給の過半数とする目標を掲げるZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)が、どのような住宅なのか一般ユーザーに体感してもらおうと、要件を満たす全国9ヵ所の戸建住宅や集合住宅に無料で1泊の体験宿泊ができるというものだ。

 普段、住宅業界に向けてZEHについての情報を発信している本紙だが、今回は一ユーザーの視点でZEH体験宿泊に申し込んだ。

 体験宿泊の場となった「RAFFINE石蔵」は、東京都葛飾区亀有にある積水ハウスの賃貸住宅の一室。ここを選んだのは東京23区内在住・勤務の著者のアクセスの良さもさることながら、築40年以上となる木造軸組2階建ての筆者の実家が同じ葛飾区内にあることが最も大きな理由だ。

 体験宿泊を行った同日に、古い木軸戸建てである実家とZEHとの差を体感した。加えて、サーモカメラで体感している様子を一部撮影し、視覚的にもお見せできるようにした。

 結論を言えば、冬の時期に寒さを感じないZEHの快適さを実感した。

 同時に、経済性に捕らわれがちなZEHの取得検討者が気づいていない、住まいとしてのZEHの訴求点や課題もみえてきた。


2018年01月09日付13面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)