ミサワホーム、1月にIoT分譲モデル住宅

2017年12月21日04面_住宅産業

 ミサワホームは、今月から山梨、奈良の戸建分譲地においてIoT(モノのインターネット化)機器を導入したモデルハウスを展開する。分譲地においてIoTを展開するのは、テーマ性を持たせ、ユーザーに来場してもらい、体感してもらうことが目的。8種類のIoT機器を導入する。生活のイメージが付くテーマを設定し、商品企業による開発の経緯などの説明や実際の生活スペースで体験できる場として提供する。「良い点だけでなく悪い点も見てもらい、積み重ねていきたい」(水島明浩開発事業部分譲・事業推進課)としている。

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)