旭化成ホームズ、受注獲得は提案力強化で、17年度過去最高売上高見通し

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 旭化成ホームズは、営業担当者の提案力強化で戸建住宅「ヘーベルハウス」の受注を獲得していく方針を明らかにした。8日に開催した2017年度上半期の決算説明会で、川畑文俊社長は上半期の受注が戸建てを中心に苦戦したことについて「集客は堅調だが、コンサルティング力が弱まっている」と分析。断熱性能や空間提案力が向上しており、若手の教育を含めた営業担当者に対する研修を実施する。川畑社長は戸建てに対しては「高性能・高耐久で勝ち抜く」方針で、サブブランドも含めて一次取得者向けの商品展開は考えていないとした。

2017年11月16日02面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)