旭化成ホームズ、10月から外構・植栽提案「まちもり」本格展開

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 旭化成ホームズは6日、都市の敷地に適合した外構・植栽提案の設計指針「まちもり」の本格展開を発表した。10月以降に供給する「ヘーベルハウス」において、建物基礎の足下やカーポートの目地などの小さな隙間部分を積極的に活用する隙間植栽や、高さが異なる「高木、中木、低木、地被植物」という4層の植物を組み合わせた植栽パッケージ「『まちもり』ポット」を中心に提案する。鳥や昆虫が訪れることを考慮した植物の組み合わせや配置を工夫し、都市空間の生物多様性に寄与する提案を促進する。関東、東海、関西、山陽の一部と九州北部で展開する。

2017年10月12日02面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)