「ウェルネスシティつくば桜」、住民が歩きたくなる仕掛けで健康維持、3つのキーワードでまちづくり

2017年10月12日02面_住宅産業

 一般財団法人住宅生産振興財団がコーディネートし、積水ハウス、住友林業、ミサワホーム、パナホームの4社が共同開発している住宅地「ウェルネスシティつくば桜」(茨城県つくば市)。6ヘクタール、163区画の戸建住宅の分譲地であるこのまちは、「健康に楽しく暮らせる」をコンセプトに、「思わず歩いてしまう」(上井一哉積水ハウス東京設計室部長)まちを目指して、ハード、ソフトの両面での工夫がされている。キーワードは「安全快適なまち」、「仲間がいるまち」、「美しいまち」――3つ。積水ハウスが全体の街区デザインを統括しているが、ミサワホームの温熱環境を快適に保つ「微気候デザイン」を採用するなど、複数のハウスメーカーによる共同開発ならではのまちづくりが行われている。


2017年10月12日付2面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)