タツミプランニング・米山社長に聞く、地元に根ざした営業戦略

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 神奈川県横浜市を中心に年間480棟ほどのデザイン住宅を手掛けているタツミプランニング(神奈川県横浜市、米山茂社長)。地元・横浜に根ざした営業戦略を行っており、地元住宅会社の出展がなかった、みなとみらいと神奈川最大の横浜平沼の住宅展示場にもチャレンジするなど「地元愛」が強い企業だ。「テクノロジーハウスメーカー」を標榜し、高気密・高断熱住宅を中心に高機能でありながらリーズナブルな価格の住宅を提供しているほか、ITを活用した現場の業務効率化とクオリティーを高めることで、「神奈川一、きれいで安全な現場」を目指している。職人から社長になったという米山社長に同社の考え方を聞いた。

2017年09月21日03面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)