逆風下で提案強化に取り組む大手住宅の低層賃貸住宅

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 アパート建設が加熱、アパート空室率が急上昇、アパートオーナーが集団訴訟――。こうした逆風の報道に加え、賃貸住宅の経営環境としては良好な首都圏でも2025年には世帯数減少に見舞われる。例え報道がなくても、中長期的に厳しい環境になることに変わりはなく、これまで成長を続けてきた低層賃貸住宅市場は転機を向かえている。「現在の商品だけを売っていたのでは、いつか右肩下がりになる」(堀福次郎大和ハウス工業取締役専務執行役員)との認識を持つ住宅メーカーもある。住宅メーカーは地域の実情に合った商品展開や高い入居率を維持し、オーナーの安定経営を支える提案力が、これまで以上に求められている。大手住宅メーカーの低層賃貸住宅に関する取り組みを取材した。

2017年09月14日01面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)