パナホームが鉄骨3階建て、東京都2種高度地区でZEH対応

2017年07月27日02面_住宅産業

 パナホームは、3階建て戸建住宅においてZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)対応を強化する。東京都の斜線制限が厳しい「第2種高度地区」対応として、切妻屋根の南面を2・5寸勾配にすることで5・83キロワットの太陽光発電パネルの搭載を可能にした軽重鉄骨の「Vieuno3E(ビューノ スリーイー)」を20日に発売した。同社の戦略地域である東京都内において、3階建て着工棟数が多い大田区、世田谷区、足立区では、第2種高度地区に指定されている面積が広い。同社は多層階住宅に注力しており、最も市場ボリュームが大きい3階建てにおいて、「シェアアップを狙う」(平澤博士事業開発部本部長)ため、今回の商品投入となった。


2017年07月27日付2面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)