注文戸建ての受注額は7社中6社マイナスに、5月の受注額速報

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 住宅企業11社における5月の受注額(速報値)は、6社がマイナスだった。特に、注文戸建てが判明している7社のうち6社がマイナスと注文戸建ての苦戦が浮き彫りになっている。ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の浸透などで受注単価はアップしているものの、受注棟数が減少している傾向がうかがえる。また、受注の先行指標である住宅展示場来場者数は、マイナスが目立った。賃貸住宅(集合住宅)もマイナスが目立つようになっているが、その理由として「土地オーナーの慎重姿勢と地方でローン審査が厳しくなった」(パナホーム)との指摘もあり、相続税対策を背景に、賃貸住宅の受注が全国で一様に伸びる状況は終焉を迎えつつある。

2017年06月22日02面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)