イノスグループ、4月から定期点検付住宅を全棟で適用

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 住友林業が運営する地域工務店ネットワークの「イノスグループ」は5月31日、都内で第21回全国総会を開催した。2017年度の基本方針として、(1)受注促進に重点を置いた研修体制の充実(2)住宅の長寿命化に対応する定期点検付住宅の全棟採用(3)Web営業戦略の推進――をすることで会員の受注サポートに注力する。また来年4月の上棟物件から「イノスの家」認定書を発行することで、「イノスの家」のブランド化を図っていく考えだ。同グループの会員数は52支部174社(17年3月末現在)で、当日は約300人が参加した。

2017年06月08日03面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)