旭化成ホームズ、新断熱構法を標準化

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 旭化成ホームズは、1日から新開発の断熱構法「ヘーベルシェルタードダブル断熱構法」を全戸建てに標準採用した。外壁の内側と1階床の断熱材を厚くしたことで、2階建てでは標準でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に必要な断熱性能を確保。3階・4階建てにおいては、断熱仕様の変更でZEHに対応する。また、ZEH化に必須の太陽光発電システムにおいて、10坪程度の屋根面積に約5キロワットの太陽光発電パネルが搭載可能となる新技術を開発し、都心の狭小地でもZEHを実現する。同社では、狭小3階建てZEH、屋上利用を併用するZEHなど都市型提案でのZEH化を進める方針だ。

2017年05月11日02面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)