『リクシルPATTOリフォーム』が商品ラインアップ拡充、便座や洗面化粧台など9商品追加=リフォーム需要を掘り起こし

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 LIXIL(瀬戸欣哉社長)は1日、『リクシルPATTOリフォーム』の商品ラインアップを拡充した。玄関ドアと内窓の2商品だった従来の品揃えに、新たにキッチンコンロ、便座、水栓――といった水まわり中心の約3万~32万円の9商品を加えた。『リクシルPATTOリフォーム』は2016年10月に立ち上げたリフォーム需要創造のプロジェクト。リフォームを初めて行うエンドユーザーを掘り起こすため、当面「ドアオープナー」(瀬戸欣哉社長)の役割を果たす手頃なリフォームとして、工期1日・価格は材工一式で最大50万円前後――の商品を扱う方針を取っている。

2017年02月09日04面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)