「家を語れる窓営業」目指しYKKAPが『省エネ建築塾』、ビルダーに役立つ専門性習得

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 戸建住宅の温熱環境の在り方は主に、国の省エネ基準のほか、さらに高いレベルとして高気密・高断熱や自然エネルギー活用のパッシブデザインがあり、その対応は従来、省エネ基準適合の方が容易と言えた。しかし『平成25年省エネ基準』(現在は『平成28年省エネ基準』)は『平成11年省エネ基準』と比べ計算要素が増えたため、仕様規定しか扱えない地域工務店によっては「容易」でもなくなり、パッシブの分野でも本格的な指標が普及し始めるなど、その環境は数年前と比べ高度化している。こうした環境への対応としてYKKAPは2013年度に社内研修制度『YKKAP 省エネ建築塾』を設立。「窓を語る営業は家も語る」を標語に掲げ、地域ビルダーが目指す省エネ性能実現を、窓を含めトータルサポートできる提案営業能力を持つ社員『Sales Engineer』(セールスエンジニア)の育成を進めている。今年度から新たに塾の参加者を従来の営業以外の職種にも拡げ、11日には研修のしめくくりとしてパッシブデザイン住宅の現地視察を行った。

2017年01月19日04面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)