寒風荒ぶ戸建住宅業界、早急なカンフル剤必要/贈与税非課税枠は期待感も

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 このほどまとまった自民・公明両党による「平成29年度税制改正大綱」では、住宅関係の要望は概ね認められた格好で一見好成果にみえる。だが、基本的に延長ものが主体で当初から無理な要望はしていないためとの反面的な見方もある。一方で、大手9社の住宅受注は10月と11月の2ヵ月連続で前年同月比プラスの会社はゼロ。これは、消費税反動減が始まった2014年9月以来2年ぶりのことで、戸建住宅業界には寒風が吹きすさぶといっていい。多少薄明かりに感じられるのは、昨年度までの消費税の軽減税率に代わる要望の柱であった贈与税の非課税枠の拡大。表向き認められていないが、含みを持たせた内容と読める部分もあるからで、冷え切った市場回復へカンフル剤が待たれる。

2016年12月22日01面_住宅産業
ページ: 1 2 3 4

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)