トヨタホームとミサワホームが共同分譲「セブンデイズヴィラ」、小学館と連携し女性目線のまち・住まいづくり

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 トヨタホームとミサワホームは、千葉ニュータウンで77区画の戸建て共同分譲地「7 DAYS VILLA」(セブンデイズヴィラ)を11月中旬から第1期販売を開始する。女性目線のまちづくりや住まいのプランが特徴で、小学館女性インサイト研究所の意見を反映。2社による共同分譲は2006年に茨城県守谷市で実施して以来10年ぶり。2社は資本、人的交流を通じて関係は深く、資材・建材の共同開発なども行っている。ガイドラインによる外観の統一感や、屋根瓦など共通資材を採用するなど2社による共同分譲のメリットを生かす。第1期販売はトヨタホーム12区画、ミサワホーム10区画の合計22区画で、敷地面積171・30平方メートル~227・10平方メートル、価格は4千万円台後半が中心。1年半から2年かけて全77区画完売する計画だ。

2016年10月27日02面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)