サービス付き高齢者向け住宅、住宅メーカーの視点=自立型、社会的な価値に理解、積和グランドマスト

2016年10月06日02面_住宅産業

 2011年にスタートしたサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は、すでに全国で20万戸を超えた。住宅メーカーは、介護事業者などから請け負う形でサ高住の供給を行ってきたが、近年は各社の特徴を生かしたサ高住の供給を始めている。戸建住宅のトップ企業である積水ハウスは、14年から「自由、安心、便利」が特徴の自立した暮らしを送る高齢者に向けた、自立型のサ高住「グランドマスト」を首都圏中心に展開している。「グランドマスト」の管理・運営を手がける積和グランドマスト(株)の小山健社長に、現状と今後の展開について話を聞いた。


2016年10月06日付2面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)