ウッドフレンズ、FC事業を本格稼動、将来は関東圏に進出も

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 愛知県を主な商圏として、分譲住宅を年間約700棟、建築販売するウッドフレンズ(愛知県名古屋市、前田和彦社長)は、今年4月にフランチャイズ(FC)事業「ニホンのくらし」を開始し、現在、その本格稼働に向け加盟店を募集中だ。商品は、国産ヒノキを使い〝イマドキ〟のデザインを採用した本体基準価格1580万円(施工面積32坪)のモデル。一次取得層に訴求するこの規格型注文住宅を、「当社の理念を理解していただき、ウィンウィンの関係が築けるパートナー」(同社)とともに販売することで、着実なFC事業にする方針だ。今月から毎月、名古屋市内で説明会を実施する。まず愛知、岐阜、三重、静岡の各県で実績をつくり、いずれは関東圏に打って出るという。5年間で50~60社の加盟を目指している。

2016年06月02日03面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)