大手ハウスメーカー海外進出に広がり、ASEANや北米・豪州目立つ | 住宅産業新聞

大手ハウスメーカー海外進出に広がり、ASEANや北米・豪州目立つ

〇2016年05月26日01面_住宅産

 大手ハウスメーカーの海外進出が広がりをみせている。これまで海外進出に慎重だった旭化成ホームズは台湾でのマンション開発を検討。また、ミサワホームはオーストラリアでの戸建住宅の試行棟を施工、販売した。今年度からは本格的な展開へ向けた検討を開始する。一方、マレーシアで戸建住宅を販売するパナホームは、7月にもインドネシアで新たに現地資本との合弁会社を設立する。建設経済研究所の予測では、国内住宅着工戸数が2026年度から50万戸台に落ち込むとしており、海外住宅市場へ新たな成長を求める動きといえる。

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

SNSで住まいのニュースを配信中

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)