30歳代は「食」通じて暮らし楽しむ意識、旭化成ホームズが調査報告

15w13

 共働きの増加など家事にかけられる時間が減り、食の簡便化が進む一方で、30歳代を中心に手作り志向や食を通じて暮らしを楽しむ意識も――。

 旭化成ホームズ「くらしノベーション研究所」の調査報告書『家庭でつくられる文化としての「食」・季節の「食」』による。また、毎日食事を手作りする家族は、暮らしの満足度も高いこともわかった。

 調査対象は、一般戸建住宅居住者719件とヘーベルハウス居住者380件の既婚女性。ウェブによるアンケート調査と写真撮影による食日記調査を実施した。

記念日も手料理にこだわらない

 食事の支度については、「平日も休日・記念日も、いつでも手料理にこだわらない」が37・3%で最も多く、次いで「食事はいつも手をかけたい」の26・0%と続く。意外だったのが「週末や記念日の食事だけは手作り」が16・3%で最も少なかった点。食事の支度に対する意識は、手をかけたい人とそうでない人の両極端化しているようだ。

 日常の食事の支度では、野菜や肉、魚などの食材から、夕食を毎日手作りしているのは33・5%。最も多いのは、週5日から6日手作りする層で36・2%だった。年代が上がるほど毎日手作りする層が増え、60歳代では41・9%を占めている。

 「購入した冷凍食品や総菜だけで、夕食にすることに抵抗を感じない」が約3割、40歳代で「出汁を取って味噌汁を作る」や「魚をさばく」のは約2割。フルタイムや専業主婦といった就業形態別には顕著な違いはみられなかった。

ページ: 1 2
住宅情報パック2015年冬季号から記事を抜粋
お近くの住宅展示場などで無料配布しています
最新号はホームページでもご覧いただけます

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)