あなた好みの住宅外観は?ケイミューの外観嗜好調査

15w07

 新しい住まいを考えたときに気になるのが、住まいの印象を左右する「外観デザイン」。住まいの外壁材を販売するケイミューの調査によると、住まいの外観の趣味や好みは、性別や年代別によって異なるようだ。

 最近では、人気の外観テイストの細分化も進んでいるという。さて、あなたはどんな外観が好みだろうか。

水平線を強調したプレーリーが一番人気

 すべての回答を総合した順位で1位となったのは、水平ラインを強調したフォルムと深い軒の出による陰影が、すまいの外観デザインに安定感を作り出す「プレーリー」だった。

 アメリカの平原に建てられた伝統的な住宅様式でありながら、和洋の様式性が少なく、オーソドックスな外観が特徴。男女ともに人気が高く、男性は50~60代、女性は60代からの支持を集めた。同調査は3回目だが、プレーリーは3回連続の1位。今回は2位以下を大きく引き離しての首位獲得。もはや不動の人気となっている。

 続いて、「シンプルモダン」と「シンプルナチュラル」が同率2位となった。

 両デザインとも、和洋のテイストはあまり強くない。モノトーンで直線的なシンプルモダンは洗練された都会的な印象を与え、白やベージュを多用したシンプルナチュラルは、暖かみのある柔らかい外観を演出する。どちらのデザインも、男性よりも女性からの人気が高かったようだ。

 では、性別、年代別による住まいの外観の好みの傾向を詳しくみてみよう。

ページ: 1 2
住宅情報パック2015年冬季号から記事を抜粋
お近くの住宅展示場などで無料配布しています
最新号はホームページでもご覧いただけます

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)