8割がスマートハウスに「関心」、展示場来場者アンケート

 スマートハウスについて、8割が「関心がある」と回答――。

 住宅展示場協議会が住宅展示場来場者に対して行ったアンケート調査の結果で、半数近くが「内容を知っている」と答えるなど、認知度が進んでいることがわかった。

 各アイテムについては、太陽光発電(PV)システムは認知度・導入意欲ともに高いが、HEMS(家庭用エネルギー管理システム)は導入意欲が低いなど、格差が出ていることも明らかとなっている。また、導入にあたっての自己負担額は、「100万円から200万円未満」が約3割と最も多く、全体でも300万円未満で7割を占めた。

スマートハウス認知度は半数

 スマートハウスについて、「内容をよく知っていた」人は5・9%だが、「少しは知っていた」の43・2%と合わせて、半数近い49・1%が内容認知者だった。

 前年度の調査と比べると8・7ポイントアップ。このうち、内容認知者の比率が全体の平均を上回っていたのは、10回以上の来場者(内容認知者率68・0%)や建築予算3千万円以上(同63・3%)、住宅計画が絞り込み・契約段階(62・6%)、及び実現済み(61・5%)だった。


ページ: 1 2
住宅情報パック2014年夏季号から記事を抜粋
お近くの住宅展示場などで無料配布しています
最新号はホームページでもご覧いただけます
WEB限定の記事です

住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)