省エネ意識が定着、遮熱建材で夏の省エネ

14061905

 生活者のエコや省エネに対する意識の定着・向上が進んでいる。

 5月中旬、快晴となった東京・新宿の新宿御苑の芝生広場を会場に開催された、毎年恒例のエコ・環境関連イベント「第9回ロハスデザイン大賞」(主催=一般社団法人ロハスクラブ、共催=環境省)には、子どもから大人まで多くの人で賑わった。

 環境意識の高い来場者が多いのも同イベントの特徴で、エコや省エネにつながる商品や暮らし方への関心も強い。

 窓から室内に侵入する日射熱を、屋外で効率的に遮断する洋風すだれや外付けブラインドは、日差しが強い夏場の代表的な省エネ・節電アイテムだ。

 イベント会場内に「窓ショップ」を出展したYKKAPは、簡単日よけ「スナップシェード」を販売したところ、予想以上の売れ行き。「用意した商品が、最終日を待たずに完売してしまった」(同社)という。

 同ブースでは、窓の模型を使って日よけの効果を体感できた。イベント当日は日差しが強く、日よけの効果の高さに驚く人の姿もみられた。

ページ: 1 2 3 4

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)