リビングの工夫で疲労回復効果、生活様式変化で高い天井にニーズ、健康寿命の延伸も視野

2017年07月13日04面_住宅産業

 大和ハウス工業はこの研究結果を踏まえて、4月29日から鉄骨戸建て「xevoΣ」に天井高2800ミリ提案を追加するとともに、建具などを見直して高い天井高を体感できる空間提案を用意した。15年4月に発売した「xevoΣ」では天井高2720ミリの採用率が「発売後2年目までは58%に留まっていたが、認知度が高まって直近では75%の採用率になった」(有吉善則上席執行役員)。
 一方、積水ハウスの「スローリビング」でも高い天井高を採用している。友人を招くなどライフスタイルが変化し、開放感がリビングに求められることに対応した。同社の総合住宅研究所では、天井が2500ミリから5千ミリに可変する実験装置で天井高による開放感について研究。4月に刷新した「イズ・シリーズ」は、新構法による大空間・大開口で「スローリビング」提案を強化している。
 総合住宅研究所は、住宅の快適性について、疲労回復から病気予防、健康寿命の延伸につながる可能性があるテーマとして研究を進めている。

ページ: 1 2

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)