まちづくり財源の指針策定、法人税を非課税に、国交省、財源の集約・再分配で自立促す

 国土交通省都市局は1日、まちづくり活動やエリアマネジメントを行う民間団体が持続的に活動することを促すため、財源確保についてのガイドラインをまとめた。

 1地域においてまちづくり活動を行う団体が複数あることは珍しくないが、財源はそれぞれ過不足があり、地域によっては取り組みを継続させにくいという実状がある。

 課題を解決するため、指針では各団体の財源を集約する法人を設置し、財源を必要とする事業へ、必要とする時期に再分配する枠組を提示。公共的な事業を展開していることから、法人税を非課税にすることを確認し、地域の価値向上に貢献する取り組みを自立的に持続しやすくする。


2018年08月09日付4面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)