ネット銀・地銀への借換最多、住宅金融支援機構の実態調査結果

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 住宅金融支援機構が公表した「2016年度民間住宅ローン借換の実態調査」によると、利用した金融機関業態は、借換前は「都銀・信託」が最も多く、借換後はネット銀行を含む「地銀・第二地銀等」が最も多かった。借換前と借換後の差では「地銀・第二地銀等」だけがプラスとなり、ほかの業態はマイナスとなった。
 借換前の金融機関業態の構成比は、「都銀・信託」が31・9%、「地銀・第二地銀等」が29・6%、「信用金庫など」が19・0%などとなった。借換後は、「地銀・第二地銀等」が42・4%、「都銀・信託」が28・5%、「信用金庫等」が18・2%だった。借換前後の差をみると、「地銀・第二地銀等」が12・7%のプラスだった一方、「フラット35」がマイナス4・4%、「機構/公庫」がマイナス4・2%、「都銀・信託」がマイナス3・4%となった。「信用金庫等」もマイナス0・7%だった。16年6・7月に実施された前回調査では、「地銀・第二地銀等」が12・5%で、「信用金庫等」が5・0%でプラスだった。

2017年07月27日05面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)