フラット35団信保険を分割、毎月支払いに組み込み失念防止

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 住宅金融支援機構は、フラット35の利用者(債務者)が加入できる団体信用生命保険を、現行では特約料支払いは年に1度となっているがこれを分割にし、毎月のフラット35の支払いに組み込むようにする。特約料の個別の支払いが不要となる。保障制度を改正するもので、適用は10月1日申し込み分から。
 現行フラット35の団体信用生命保険の制度は、住宅ローン返済金とは別に、保険料にあたる特約料を支払い、加入者が死亡した時、または「所定の高度障害保障」となった時に保険金が支払われて残りの住宅ローンが全額弁済される。特約料の支払いは、年に1度となっている。

2017年04月13日05面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)