トクラス、インドネシアで家庭用浄水器販売を開始

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 トクラス(静岡県浜松市、森定保夫社長)は、インドネシア共和国で浄水器事業を開始した。ジャカルタのインドネシア住友林業(現地法人=PT.Sumitomo Forestry Indonesia)と販売総代理店契約を締結し、同社の家庭用浄水器などを販売する。

 事業初年度は、セントラル浄水器800台など、計1060台を販売する計画とした。

 同社は2010年8月にヤマハ発動機から浄水器事業を譲り受け、浄水器事業を行っている。

 インドネシアでは、ヤマハ発動機が1991年から浄水器事業を展開していた。同期間中に蓄積された水質データやメンテナンスサービスなどのノウハウを活用し、インドネシアでの浄水器事業の早期確立を目指す。

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)