永大産業、台風被害などで特損計上、通期予想への影響は改めて公表

 永大産業(大阪市住之江区、大道正人社長)は6日、2019年3月期第2四半期連結業績における特別損失の計上と、同期業績予想の下方修正を発表した。

 特損計上は台風21号の影響で生じた被害と固定資産の減損処理が要因。業績予想の下方修正は特損計上に加え、原材料価格の高騰や販売競争の激化などで売上高・営業利益・経常利益が当初計画を下回る見込みとなったため。

 台風被害が通期連結業績に与える影響については「現時点では合理的な算定が困難なため未定とし、被害状況の精査、生産・物流体制の復旧状況などを踏まえた業績予想を策定次第、改めて公表する」と説明した。


2018年11月15日付4面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

関連するキーワード

 関連するキーワードはありません。

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)