三協立山の2019年5月期第1四半期連結決算、建材事業の営業赤字が改善

 三協立山(富山県高岡市、山下清胤社長)の2019年5月期第1四半期連結決算は、国内建材事業およびマテリアル事業を含む全4事業のすべてで売上増となった一方、損益面では建材事業が引き続き赤字で、マテリアル事業が大幅な減益となったため、増収減益だった。

 同社は今期から新中期3ヵ年経営計画をスタートさせており、その中で18年5月期に前期の27億円の黒字から21億円の赤字に事業損益が悪化した建材事業の再構築として、不採算商品の集約や価格改定といったテコ入れ策実施で今期の黒字化を目指している。


2018年11月08日付4面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)