パナソニック・エコソリューションズ社、HEMS『AiSEG(アイセグ)2』に〝安心・便利・自家消費〟の新機能=センサーで窓や宅配ボックスから情報送信

18100555

 パナソニック・エコソリューションズ社(大阪府門真市、北野亮社長、パナES社)は22日、同社のホーム・エネルギー・マネジメント・システム(HEMS)『AiSEG2』をバージョンアップし、(1)ドア・窓センサーおよび宅配ボックスセンサーなどとの連携(2)太陽光発電電力の有効利用として電気自動車(EV)充電時における余剰電力の活用――などの機能を追加すると同時に、連携可能な機器・製造会社を現在の13社26機器から20社33機器へ拡大させる。5日に発表した。

 最新のインターネット・オブ・シングス(IoT)およびAIの能力・機能を盛り込み、エンドユーザーの暮らしに役立つ新たなサービスを創造することが目的。販売目標は2018年度に17年度比6割増の3万台、2021年度は17年度比3・5倍の6万7千台を目指す。


2018年10月11日付4面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)