YKKAPが「リノベーションフォーラム2018」で〝性能向上リノベーション〟を訴求、樹脂窓と開口部耐震化商品を活用

2018年09月06日04面_住宅産業

 YKKAP(東京都千代田区、堀秀充社長)は8月28日、東京で「リノベーションフォーラム2018」を開催し、同社が17年度から施策として進めている窓の高断熱化工事および窓で構成する開口部の耐震化工事を行う〝性能向上リノベーション〟の特徴とメリットを説明した。

 当日の会場には地域工務店およびリフォーム専業店関係者が約400人参加、自社の事業拡大に性能向上リノベーションをどう組み込むかの参考材料とするべく同社の説明に聞き入った。

 YKKAPは昨年度に続き今年度も、同社の樹脂窓と開口部耐震改修商品を活用して既存戸建住宅の市場価値を上げる実証実験のプロジェクトを行い、〝性能向上リノベーション〟という新ジャンルのリフォーム・リノベーション市場の創出につなげたい考えだ。

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

SNSで住まいのニュースを配信中

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)