YKKAP、1日にインドネシアでR&Dセンター開設=蒸暑地域の市場調査や商品開発を深堀り

18082020

 YKKAP(東京都千代田区、堀秀充社長)は1日、インドネシア・タンゲラン県にあるYKKAPインドネシア社の敷地内で「YKKAP R&Dセンター(インドネシア)」を開設した。

 YKKAPとしてのR&Dセンターの開設は国内の富山県、ドイツに続きインドネシアが世界で3拠点目で、蒸暑地域の気候および市場の調査、それに基づく商品開発の深掘りにつなげることを狙いとする。インドネシアは世界第4位の人口を有する東南アジアの新興国。近年は経済成長がめざましく建築市場が活性化しており、日本の大手デベロッパーやハウスメーカーが相次いで現地に進出し、事業の立ち上げや準備を行っている。

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

SNSで住まいのニュースを配信中

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)