LIXILグループの2019年3月期第1四半期決算、〝旧価格保証〟の期間延伸が利益圧縮=10月以降に価格改定を実施

 LIXILグループ(東京都千代田区、瀬戸欣也社長)は7月31日、2019年3月期第1四半期決算(IFRS基準)の説明会を行った。

 それによると、日本基準の売上高にあたる「売上収益」は1・1%増の3971億3500万円と微増した。一方、同営業利益に該当する「事業利益」は、国内事業で4月に始めた流通事業者に対する卸売り価格の新体系導入に伴う旧価格の保証期間が、当初見込みより数ヵ月伸び粗利圧縮の要因が膨らんだことに起因して、65・1%減の65億6千万円と減少し、増収減益となった。


2018年08月02日付4面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

関連するキーワード

 関連するキーワードはありません。

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)