LIXIL、耐震〝見える化〟で『ウォールスタット』活用=『スーパーストロング構造体バリュー』と『スーパーウォール工法』のプロモーション映像に

18073007

 LIXIL(東京都千代田区、瀬戸欣也社長)は今月から『スーパーストロング構造体VALUE(バリュー)』の利用事業者に対し、倒壊シミュレーションソフト『ウォールスタット』のアニメーションで作成したプロモーション映像(PV)の活用を推奨する活動を始める。

 耐震性能を映像として〝見える化〟することで、事業者がエンドユーザーに同サービスをPRする際の訴求力を高めることが狙い。

 同様にウォールスタットを使い作成した『スーパーウォール工法』のPVも、活用方法を具体化させる。同社は今後のウォールスタットの利用として、スーパーストロング構造体バリュー・スーパーウォール工法ともに邸別利用の展開を「検討していく」と説明している。


2018年08月02日付1面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)