三協立山、前中計は「建材」と「国際」の低迷で売上高・営業利益とも目標未達

 三協立山の前中期3ヵ年経営計画(16年5月期~18年5月期)の実績は、「建材事業」および「国際事業」の低迷を主な要因として、売上高は目標値の3850億円から566億円の未達、営業利益は同130億円から118億円未達だった。

 未達要因は、「建材事業」は市場競争力の低下による売上・利益の減少とリフォーム展開の遅延など、「国際事業」は欧州での事業環境変化への対応の遅れと生産性改善の遅れなど。


2018年07月19日付4面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)