東電EP、ペット見守りの『ペットみるん』=水飲みやトイレ回数も通知

180629001

 東京電力エナジーパートナー(東電EP、東京都港区、川崎敏寛社長)は5月下旬、同社の既存サービス『TEPCOスマートホーム』がラインアップする新メニューとして、留守中に自宅で飼うペットの犬と猫を見守ることができるサービス『ペットみるん』を追加した。

 AIのdeep learning(ディープ・ラーニング)技術を活用することで、自宅に設置したネットワークカメラの撮影データから、犬と猫の映像だけをサービス契約者のスマートフォンにアプリで配信する。アプリ利用料は税込みで月額1350円(税込)で、別途、アイテム(松井里子社長)が提供するカメラのレンタル(税込みで月額540円、初回事務手数料同1080円)もしくは購入費用(同1万3500円)が必要になる。

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

SNSで住まいのニュースを配信中

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)