パナソニック・エコソリューションズ社のPSJ工法、〝木造パネル〟で施工品質平準化し短工期を実現

18060629

 パナソニック・エコソリューションズ社(大阪府門真市、北野亮社長)のPSJ工法は公益財団法人日本住宅・木材技術センターが運用する木造住宅合理化システム認定制度において、2017年10月1日付で認定番号「合理化L1710―01」で木造住宅合理化システム長期性能タイプの工法認定を取得している。

 工法の最大の特徴は、一般的な木造軸組構法では現場で施工する柱や梁、断熱材、窓などの外部建具といった躯体を構成する要素を事前に工場でパネル化しクレーンで施工する手法を採用することで、施工品質の平準化と上棟までの建て方を大幅に短工期にする点にある。

2018年06月14日付4面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)