体感比較で断熱性能ランクアップ、LIXIL『住まいスタジオ』で可能に=「見込み客に好評」「省エネリフォーム展示も」と住宅事業者 | 住宅産業新聞

体感比較で断熱性能ランクアップ、LIXIL『住まいスタジオ』で可能に=「見込み客に好評」「省エネリフォーム展示も」と住宅事業者

2018年05月17日01面_住宅産業

 高断熱の新築戸建住宅の供給を指向する住宅事業者の間で、LIXILの施設『住まいスタジオ』の人気が高まっている。『住まいスタジオ』は昨年10月、同社ショールーム東京(東京都新宿区)に隣接しオープンしたもので、0℃の冷蔵空間内に展示した『昔の家(昭和55年省エネ基準)』『今の家(平成28年省エネ基準)』『これからの家(HEAT20・G2)』の室内モデルの中に入り、その違いを体感できることが特徴だ。施設を利用した事業者は口を揃え「見込み客に好評。契約時の断熱性能のランクアップに役立った」と話す。現在『住まいスタジオ』は新築を想定した展示だが、「既存住宅の『省エネリフォーム』にも対応した展示が欲しい」との声も挙がっている。

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

SNSで住まいのニュースを配信中

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)