LIXIL、ショールームとコーディネーターに新制度=『SUMAIる制度』で顧客満足度重視に

2018年04月12日04面_住宅産業

 LIXIL(東京都千代田区、瀬戸欣哉社長)は今月、ショールーム活動とエンドユーザーに接客を行うショールームコーディネーターの新たな運用制度『SUMAIる制度』を導入した。同社の企業理念である「お客様の笑顔のために」の具現化と、ショールームでリフォーム需要を獲得する力を高めることが狙い。新制度ではコーディネーターの評価手法を、商品知識を問うテストの点数で判断していた従来のあり方から、来場客の満足度をいかに高めたかを重視する内容へと改めたほか、リフォーム知識の習得を必須とした。また、新たに、全国のコーディネーターの中で評価の最上位者3人を『スペシャルコーディネーター』としてinfluencer(インフルエンサー)の役割を付与し、社内・社外のそれぞれでLIXILショールームのシンボルとして活動させる方針だ。


2018年04月12日付4面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)