パナソニック・エコソリューションズ社の宅配ボックス活用『京(みやこ)の再配達を減らそうプロジェクト』、再配達率は43%から15%へ減少=「購買はネット通販」浮き彫りに

2018年03月29日04面_住宅産業

 パナソニック・エコソリューションズ社(大阪府門真市、北野亮社長)は19日、同社と京都市および京都産業大学、宅配事業者などが共同で2017年11月から18年1月までの3ヵ月間実施した同社のアパート用宅配ボックス『COMBO(コンボ)―Maison(メゾン) ハーフタイプ』を使った実証実験『京(みやこ)の再配達を減らそうプロジェクト』の結果発表と、宅配ボックスを実際に使ったプロジェクト被験者の声を紹介するメディアツアーを行った。それによると京都産業大学の学生が住むアパートに宅配ボックスを設置した同プロジェクトで当該アパート住戸への再配達率は43%から15%へ減少した。同社はこの再配達率の数値について「ハーフタイプより大きい4月発売のミドルタイプを活用すれば半減(8%)可能」と説明した。また、実際に宅配ボックスを利用した二人の大学生はボックスの利用は通信販売で購入した商品の荷受けが多いと説明し、一人暮らしの若年層の消費行動にネット通販が大きく影響している実態を浮き彫りにした。


2018年03月29日付4面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)