ポラスグループ・ポラテック、オリジナル工法で木造非住宅建築のコスト削減=大断面と比べ15~40%減

2017年12月14日04面_住宅産業

 ポラスグループで木造戸建住宅事業およびプレカット事業を展開するポラテック(埼玉県越谷市、中内晃次郎代表)は1日、設計事務所関係者を対象にグループの分譲住宅会社ポラスガーデンヒルズの新社屋として建築中の木造3階建て事務所棟(千葉県松戸市)の構造見学会を実施した。見学会当日、ポラテックは、ここ1年位で木造非住宅市場で新たな受注分野として事務所や倉庫などの物件が出始めており、同社のオリジナル工法をこれらに採用すると特注の大断面集成材を使用する場合と比べ、躯体の建築コストを約15~40%圧縮できると説明した。同社では見学会を通じ木造非住宅建築に必要な木構造のポイントを公開することで、木造非住宅市場の拡大に寄与したい考えだ。

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)