LIXIL、建材とAIスピーカーを連携させた国内初のIoTシステムを発売=来年4月に

2017年12月07日04面_住宅産業

 LIXIL(東京都千代田区、瀬戸欣哉社長)は4日、2018年4月に建材とAIスピーカーを連携させた国内初のIoTシステムを発売すると発表した。発売されるシステムは、同社が販売している電子錠付玄関ドアと電動窓シャッターのほか、室内の照明機器、エアコンなどが、(1)先ほど国内で発売されたAIスピーカー「Google Home」および「Amazon Echo」を利用した人の音声(2)スマートフォンなどのタブレット――で操作もしくは自動制御できるシステムになる見込み。システム導入の初期費用はパッケージ商品の利用の場合約10万円からで、このほかにランニングコストがかかる場合がある。同システムの販売目標は扱い初年度となる18年度に新築向けで1万棟としている。

関連するキーワード

 関連するキーワードはありません。

SNSで住まいのニュースを配信中

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)