大和ハウス工業、戸建てシェアトップ目指す、トップとの差、成長余力

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 大和ハウス工業は、戸建住宅事業でトップシェアをとるために商品力と営業力を強化するとともに、中長期的にはM&Aや業務提携を含めた手法も視野に入れる考えを示した。都内で13日に開催した決算説明会で明らかにしたもの。1日に就任した芳井敬一社長は、戸建住宅事業を強化する方針を打ち出しており、戸建ての強化が他の事業へ波及するとしている。戸建てのシェアアップについて、芳井社長は「パイが減っても自分たちのシェアは伸ばすことができる。シェアトップ企業との差が成長余力」とし、「xevoΣ」をはじめとした商品力の強化や、他社と比較して少ない戸建て営業人員を増強することで実現可能とした。一方、少子高齢化の加速や2019年の消費税アップなど、新築住宅市場は厳しさを増すことから「住宅のプレイヤーは現状ほどいらなくなる」(香曽我部武代表取締役専務執行役員)とみており、M&Aなどを含めた手法も検討する。

2017年11月16日02面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)